検索
  • newshexagon

【ONE】女子アトム級GP 平田樹 コメント「日本でただ1人選ばれた選手なので、必ずベルトを獲りに行きたいです。若いからこそできることが沢山あると思うので、すごく楽しみです」

ONE Championship(以下、ONE)は5月28日(金)の「ONE: EMPOWER」で開催を予定している、女子アトム級ワールドグランプリのトーナメントに出場する選手のグローバル・メディアデーを3月25日に開催し、GP一回戦で米国のアリース・アンダーソンと対戦する、平田樹のコメントが主催者より届いた。戦績4戦全勝の平田が、日本代表としてワールドGPに挑む。


――女子アトム級ワールドグランプリの出場が決まりました。今の気持ちをお聞かせください。  

「やっとか、という思いですごく楽しみです」

 

――色々な方から期待されて、女子アトム級ワールドグランプリ出場に至ったかと思います。平田選手なら優勝するんじゃないか、という意見も多くあります。それはプレッシャーに感じますか? 

「いいえ、それだけ期待されているっていうことで、自分はすごくモチベーションが上がります」 

 

――女子アトム級ワールドグランプリの前にRoad to ONEで試合をしましたね。振り返ってみていかがでしょうか。 

「1年ぶりの試合ですごく楽しかったんですけど、やっぱりまだ沢山の課題が残る試合だったし、グランプリはもっと強い選手が多いので、”あれじゃダメだな”と反省の残る試合でした」 

 

――女子アトム級ワールドグランプリ出場選手の中でも若い選手であり、無敗の戦績を持って出場しますね。どこまで勝ち続けられると思いますか? 

「日本でただ1人選ばれた選手なので、必ずベルトを獲りに行きたいです。若いからこそできることが沢山あると思うので、すごく楽しみです」 

 

――最初の対戦相手である、アリース・アンダーソン選手についての印象をお聞かせください。

「身長も長くてリーチも長い選手ですよね。自分は初めてそういう選手とやるので、てこずるだろうなとは思うのですが、やっぱり自分の良いところは出していきたいです。相手も寝技も打撃もできると思うのですが、自分の得意な寝技で仕留めたいなって思います」


――アリース・アンダーソン選手の強みはどんな部分だと思いますか? 

「負けも少ないと思うし、気持ちも強い選手だと思います。打撃の距離感は向こうの方が先に取るんだろうなと思っているので、そこは気を付けようと思って練習しています」

 

――最後にONEの本大会で戦ってから、どういう部分を磨いて成長したと思いますか?特に打撃はよく練習したのでしょうか? 

「打撃は一番練習しました。打撃と足のステップは一番練習して、ボクシングの練習もしました。でもそれが前回の試合(Road to ONE)で出なかったので、次の試合では出したいなと思っています」 

 

――青木選手がONE on TNTで戦いますね。平田選手にとって青木選手はどんな選手ですか? 

「青木さんは厳しい時はすごく厳しいのですが、普段はすごく優しいです」

 

――Road to ONEの試合後、青木選手からはどんな声かけがあったのですか? 

「『俺は勝っても褒めないぞ!』と言われました」


――若松選手もTNT大会(ONE on TNT II)に出場します。同世代の選手が同じ土俵、ONEで戦っているのはモチベーションになりますか? 

「 良いモチベーションになっています。若松さんは親交が深いので、自分の試合の前に若松さんのTNT大会での試合を観て、自分の試合までのモチベーションもすごい上がるなと思います」 

 

――ブラジリアン柔術の最近練習を始めたよね。楽しいですか?好きですか? 

「すごく楽しいんですけど、早く白帯から青帯に上がりたいです」 

 

――女子アトム級ワールドグランプリで、この選手と当たったら厳しい試合になるだろうなと思う選手は、ズバリ誰ですか? 

「ん〜、みんなやっぱり強いので。でもやっぱ日本の団体でもベルトを取っているハム・ソヒ選手が凄く気になるんですけど。それより前にメン・ボー選手とかスタンプ選手とか、みんなそれぞれ強い部分があるので。でも一番っていうなら、ハム・ソヒ選手かなと思います。」

 

――ONE on TNT 大会で気になっている試合はありますか? 

「若松選手もそうだし、デメトリアス・ジョンソン選手もそうだし。やっぱアメリカの地上波って凄いいいなって思うし。自分の相手もアメリカ人なので。アジアだけでなく、北米の方にも自分の名前が知られるっていいなあ、って思っています」 


 ――アリース・アンダーソン選手が平田選手の柔道投げの対応策を十分に練習しているということですが、それについてはどう思いますか? 

「柔道投げは使いたくないなと思うのですが、前回もそう言って一番強い柔道投げを使っていたので。できる限りは、使わないようにします」

 

――これまでの格闘技のキャリアの中で、一番の学んだことはなんですか? 

「『最後まで諦めない、疲れた時にもう一回』っていうのが凄い大事だなっていうことですね。それは、練習も試合もですけど。前回の試合では、そこが少し甘くて最後に自分の投げに頼ってしまったので、今は最後まで練習をやりきるってことを気をつけています」 

 

――アリース・アンダーソン選手は経験もあり、ある種ベテランかと思います。一方でONEではデビュー戦ですよね。そういう意味で”経験”というのをどのように見ていますか? 

「確かに向こうの方がキャリアも凄いって周りからも言われるのですが、逆に自分はキャリアがない状態からどこまでできるのかって、皆んなもそういうところを見たいと思うので、特に気にしていませんね」

 

――前回のRoad to ONEでメインを務めました。次はONE: EMPOWER大会で戦います。女子格闘技を通じて、日本のファンや世界中のファンたちに自信や希望を与えられると思いますか? 

「与えられると思います。このグランプリは世界中が注目しているので、そこは凄い大きなことだと思います。女は強いぞってところを見せたいと思います」

 

――これまでの試合は全てフィニッシュしていると思います。連続フィニッシュの記録は平田選手にとって大切ですか?そして女子アトム級ワールドグランプリでも続けていきたいですか? 

「大事だし、判定よりかはフィニッシュの方が自分でも納得できるし。グランプリでも勝ち続けるにはしっかりフィニッシュを狙いたいです」 

 

――女子アトム級ワールドグランプリの初戦に勝ったら、どんなタトゥーを入れる予定ですか? 

「もし、グランプリでチャンピオンになったら、その日の日付をタトゥーにしたいので、グランプリの1回戦、2回戦はやらずにチャンピオンになるまでお預けしようかなって思っています」

(C)ONE Championship

17回の閲覧