検索
  • newshexagon

【ONE】箕輪ひろば試合前インタビューⅢ「試合は実際にやってみて、計画段階から実践してみて、最終的にそれをやるっていう。やることがパンパンパンって僕の中で決まってるんで」

3月19日(金)に配信される、シンガポール・インドアスタジアムで事前収録された「ONE:FISTS OF FURY Ⅲ 」に登場する箕輪ひろばの試合前インタビューが、シンガポールとオンラインで行われた。

22歳の修斗ストロー級世界チャンピオンの箕輪は、12歳からキッズ修斗で活躍しており、

プロで5年、アマチュアで5年、キャリアは10年になる。箕輪はキッズ修斗からアマ修斗を経てチャンピオンになり、ONE Championshipと契約。昨年11月の「ONE: INSIDE THE MATRIX Ⅲ」ではリト・アディワンと対戦し、2-1の判定で初勝利を手にいれた。今回の対戦相手はブラジリアン柔術世界王者で、元ONEストロー級王者のアレックス・シウバ。インタビューで箕輪が語った今後のこと、MMA以外のこと、、、。


――箕輪選手の強さを生かしてどのように戦いますか?

「僕にはバックボーンないんで、逆に対応し辛いと思うんですよね。逆に言えば、まだ打撃見せてないんで、打撃を見せてもいいっていうのもありますし、僕が寝技いくのってリスクがないんですよ。上とって殴ってればどっちみち勝てるっていうのがあるんで。決して打撃が苦手なわけじゃなく、一応某キック団体にも出てたんで」


――日本人との対戦についてはどのようにお考えですか?

「あんまり日本人だからっていうのはないんで。決まったらぜひやらせていただきたいですけど、どちら(内藤のび太、猿田洋祐)とも一時期、一緒に練習してたんですよ。そこですね。ネックは」


――箕輪選手の受け答えはとても冷静に見えます。試合中も冷静に試合をしていますか?

「あんまりぶわっ、とかなったことないんで冷静かどうか、まあ平常心でやってます。冷静に、冷静に、とかではなく普通にってかんじでいつもどおり試合するっていう」


――箕輪選手は若いときにデビューして、現在もほかのファイターに比べると若いほうだと思います。このことは戦う上でアドバンテージになっているというのは感じますか?

「それで言うと、まだ先があってここにいれているのは、僕的にはかなりキャリアとして大きいと思うんですね。今後を見た時、まだ戦える選手でここにいるのか、あと1~2年なんじゃないか(という状態で)ここにいるのはまた話が変わってくるんで。僕がまだ若くてランカー当ててもらえてる。で、一応キャリア的にも格闘技始めて10年になるんですけど、10年やってきたっていうのがあるんで、それなりにいろんな人達とやってきてデータもあるけど、今後まだ現役として続けていける時間があるっていうのは、結構でかいかもしれないですね」


――今被っているキャップのブランドはよく箕輪選手のSNSに出てきますね。洋服は好きですか?

「好きですね。今被っているキャップも、スポンサーのものなんです。RIPNDIP(リップンディップ)さんっていうんですけど、最初ファンの方にいただいたんですよ。あんまりお行儀が良くないんですけど、猫がポケットの中で中指立ててるんですよ。はたからみると普通なんですけど、(ポケットを)めくるとお行儀が良くないです。『なんとなく猫が箕輪選手に似てます。はたから見てるとなんも考えてなさそうで普通なのに、こう、秘めてるものがあるのが似てるよね』ってことでいただきました。そっからはまっちゃって、直接ショップに行って『スポンサーになってよ』っていう話をしたら『チャンピオンになったらいいよ』と言われて、チャンピオンシップでタイトル取れたんで、ついていただいてるかんじです」



――そうなんですね。やんちゃな部分とかはあるんですか?

「いや。吹奏楽部から格闘技はじめて、フルートやってました。3歳からピアノもやっています。それが親的にあんまり良くなかったみたいで、体動かすことの一環で、格闘技を始めました」


――音楽と格闘技で通ずるものはありますか?

「なんとなくですけど、楽譜渡されても、5人が5人同じくできないんですよ。ちょっと色を出していかなきゃいけないんです。強弱としか譜面に書かれてなくても、どれだけメリハリをつけてるかとか。あと楽譜変えちゃう人もいるくらいなんで。格闘技も打・投・極をどれだけの割合でやるのかは人それぞれだし、同じ技の精度をどれだけ自分なりに上げてくかっていう。たぶん誰かの真似をしても誰かの真似でしかないんですよね。そこにちょっとオリジナリティを入れなきゃいけないなっていうのはなんとなくですけど、似てるなって。僕のコーチ飯島もアーティストなんですよ。(前回の試合のTシャツに)鉄ってつけたじゃないですか。(コーチとも)やっぱアートと音楽とで、なんとなく話がかみ合うのもありました。僕らのなかでは、イメージとしてただ戦うっていうよりは、構成してって、つくりあげてって、試合でやるというのがなんとなくあります。プランニングして、削るとこ削って、付け足すところを付け足して、実際にやってみて、計画段階から実践してみて、最終的にそれをやるっていう。やることがパンパンパンって僕の中で決まってるんで」


――ファンへのメッセージをお願いします。

「前回たくさんの応援ありがとうございました。判定決着でしたが、勝ことができ、今回またとてもいいチャンスをいただけてるので、必ず結果を見せて恩返しができればいいなと思っています。応援よろしくお願いします」


■視聴方法

3月19日(金) 日本時間 午後9:30~

ONE公式アプリ「ONE Super App」 ABEMAで録画配信予定

(C)ONE Championship

7回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png