検索
  • newshexagon

【ONE】箕輪ひろば試合前インタビューⅡ「シウバ戦させていただけているのは、こいつ意外にやるんだなって思っていただけてるのかなっていう、ちょっとした期待はあります」

3月19日(金)に配信される、シンガポール・インドアスタジアムで事前収録された「ONE:FISTS OF FURY Ⅲ 」に登場する箕輪ひろばの試合前インタビューが、シンガポールとオンラインで行われた。

22歳の修斗ストロー級世界チャンピオンの箕輪は、12歳からキッズ修斗で活躍しており、

プロで5年、アマチュアで5年、キャリアは10年になる。箕輪はキッズ修斗からアマ修斗を経てチャンピオンになり、ONE Championshipと契約。昨年11月の「ONE: INSIDE THE MATRIX Ⅲ」ではリト・アディワンと対戦し、2-1の判定で初勝利を手にいれた。今回の対戦相手はブラジリアン柔術世界王者で、元ONEストロー級王者のアレックス・シウバ。インタビューではシウバについても話を聞くことができた。


――今回の試合が決まるまでは、どのように過ごしてきましたか?

「おそらくONE来るんじゃないかなって思ってたんで、次戦に向けてですね。『Road to ONE』との兼ね合いもあったんですけど、先に声かかったのがONEのほうだったんで。ONEに出させていただいてって形で。で、どっちが来てもいいような調整の仕方をしていましたね。全体的なスキルアップをしてってかんじで。お正月とかも練習していました。『Road to ONE』のお話もあって『もしタイミングが合えば、オファーかけるね』みたいなお話はいただいてました。修斗の話もあって、僕、修斗のベルト捨てる気ないんで、『今、ONEが先に入っているんで』って話をしました」


――アレックス・シウバという名前を聞いた時はどう思いましたか?

「イヴォルブ(シンガポールのメガジムEvolve)で一緒に練習した人だ!って思いました。アレックス・シウバのノーギ(NO-GI)のクラスを受けたんです。受けとか全部シウバ選手にやってもらいました。それが一年前なんですけど、シウバ選手のことは知っていました。練習で僕が(組む相手がいなくて)余りみたいになっていたら『俺とやろう』って声をかけてくれたんです。すげーいい人でしたし、打ち込みの時の技術もすごかったんですよ。やっぱすごいんだなーって率直に思ったすね」


――リト・アディワンに勝って、ランカーのシウバ選手とのカードが組まれたことに関しては率直にどう思いましたか?

「“ランキング上のファイターとやらせて欲しい”ってコメントさせてもらってたんで、そうなると、シウバ選手とやるのかなっていうのはなんとなくありました」


――「デビュー戦でリト選手を当ててもらって(ONEに)期待されているのか?嫌われているのか?ってちょっと疑問に思いましたが、期待されていると思うことにしています(笑) 」と前回の試合前にコメントされていましたが、2戦目にシウバ選手と対戦が組まれたことを考えると期待されてるのでは?と思いましたが、箕輪選手はどのように感じますか?

「前回のリト・アディワン(戦が)あって、今回のシウバ戦させていただけてるっていうのは、ちょっと箕輪の見る目も変わったのかな? こいつ意外にやるんだなって思っていただけてるのかなっていう、ちょっとした期待はあります」


――シウバ選手はどう捉えていますか?

「やっぱベテランですよね。抜きどころを分かってるし攻め方も分かってるし、もっと言うと、自分が攻めているように見せる、見せ方も分かってると思うんですよ。判定になるとめちゃくちゃ強いと思うんですよ」


――では、それに惑わされずに戦わなくてはですね。

「僕がむやみに突っ込んでったら、いなし方とか対処の仕方が分かってると思うんで。それを超越して突っ込んでいけばいいんでしょうけど、そこらへんはどうなるか分からないんで」


――シウバ選手の打撃に関してはどう思いますか?

「シウバ選手、やっぱ寝技のイメージ強いですけど、僕、打撃も下手くそじゃないんで。(シウバ選手は)あそこのトップ戦線にいるだけあって、打撃もできると思うんですよ。振ってくる打撃とタックルからの寝技ですよね。あれはあれで厄介ですよね。そこらへんの対策もします」


――寝技にはどのように気を付けていきますか?

「柔術も比較的練習の中に取り入れてるんで、柔術の苦手意識はないんですけど、柔術家と柔術ルールで戦うなら全然問題ないんですよ。MMAで柔術家と戦う時って結局、柔術の選手がどこまで柔術をしてこないかっていうのが、キーになってくるんですよね。全部、柔術してくれば、徹底してパウンド打ったり、打撃使えばいいんですよ。それをうまくハイブリッドで組み合わせられると逃げた先で、上取られちゃったりとか、それがちょっと厄介なんで、深追いせず引き過ぎずっていうのが今回キーになると思います」


■視聴方法

3月19日(金) 日本時間 午後9:30~

ONE公式アプリ「ONE Super App」 ABEMAで録画配信予定


7回の閲覧