検索
  • newshexagon

【ONE】「ONE:FISTS OF FURY II 」中原由貴 試合前インタビュー2 ゲイリー・トノンとのこと

最終更新: 3月16日

3月5日(金)に配信される、シンガポール・インドアスタジアムで事前収録された「ONE:FISTS OF FURY II 」に登場する中原由貴の試合前インタビューが行われた。インタビューで中原は、前回の試合後に、対戦相手 ゲイリー・トノンのもとへトレーニングに行った話を明かした。前回は2019年5月で、中原はヒールホールドで負けを喫している。この試合でトップグラップラーのトノンは、MMAで初めて自身の得意の足関節技を披露した。


――前回の試合はトノンですが、試合の後はどのような課題を持っていましたか?

「一番は知ることだと思ったので、まずは試合の後、彼の先生のジョン・ダナハーのところに行って、ニューヨークでひと月ちょっと練習してきて、かなりいい経験になりました。今は、自分の長所を伸ばすべく試行錯誤しながらやってきました」


――トノン戦のあとシンガポールから(当時トノンがトレーニングしていた)直にニューヨークに行ったのですか?

「一旦、日本に帰国して3週間くらい杖ついた生活をしていました。足首の靭帯と骨がぶつかったかなにかでヒザの骨挫傷で血がたまっていて、全治は3週間か1カ月くらいでした。シンガポールでトノンに「足が治ったら一緒に練習したいのだけどいいかな?」と言ったら「いいよ!来なよ」って言ってくれたので、治りかけの時にチケットを取って、ちょっと怖かったですが、動きに問題がなくなったくらいの時にあっちに行きました」


――トノンとは練習できましたか?

「いや、トノンがその時、腕をケガしていて。ただ彼のまわりや彼の先生から直接教わることができました」


――トノンのフィニッシュ、シングルレッグから後転してのヒールで、対処のとき外側から足を掛けさせないようにしてたじゃないですか。対処として、間違っているところをご自身で振り返ったり、トノンから聞きましたか?

「向こうに着いて、一番最初にそれを聞いたんですけど、まず外から掛かっている足もそうなんですけど、内側の足で僕の肩を押さえていて、あの時は要は最終手段というか、ひねられている方向に体を回して逃げられないようにしてたのと、僕それ知らなかったんですけど、肩を押さえる技術なんて。仮にそれ蹴っていた足、それを外しても結局、50/50(フィフティ・フィフティ)っていうんですかね、両足を外に絡めた状態で最後までひねりきることができると。だからその前の段階で動かなきゃいけなかったっていうのもあるんですけど、そもそもキャンプの時点で、後転しながら足関節来るっていうのを、想定してなく、一回引き込んでからつくってくるっていう想定だったんで、そこでやられてましたね」


――またトノンのチームのところに練習に行ってみたいですか?

「そうですね。僕のセコンドについてくれている石川さんが、もともとヘンゾ(グレイシー)の所属で、トノンとやるときは僕のセコンドは別の人間が入ったんですよ。今回は入っていただけます」


■視聴方法

3月5日(金) 日本時間 午後9:30~

ONE公式アプリ「ONE Super App」 ABEMAで録画配信予定

(C)Athlete Plus

25回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png