検索
  • newshexagon

【ONE】「ONE:COLLISION COURSE II」池田仙三試合前コメント


シンガポール・インドアスタジアムで事前収録された「ONE:COLLISION COURSE II」の配信に先立ち、キャッチウェイト(60.0 kg)の試合に臨む、池田仙三のコメントが主催者より届いた。


池田はチャッチウェイト(60kg)でリャン・フイと対戦し、約1年2カ月ぶりの復帰戦に臨む。池田は第5代キング・オブ・パンクラシストで直近の試合は、リト・アディワン(フィリピン)との対戦で、1R右腕脱臼によるTKO負けを喫している。


■池田仙三 コメント

――現在の調子はいかがですか?

「すごい調子が良いです。今までで一番良いんじゃないかなと思います」

――パンデミックの期間、どのように過ごしてきましたか??

「コロナにかからないようにマンツーや1人で練習していました。色々経験できて成長できたと思っています」

―― 相手についてどんな印象をお持ちですか?

「あまりデータがなくわかりません。自分の戦いをすれば勝つと思っています」

―― 自分の武器やアドバンテージはなんだと思いますか?

「自分の武器は打撃ですが、トータルで全てレベルアップしました。どの展開でも自分にアドバンテージがあると思っています」

――「SNSで勝ち負けにとらわれない」とコメントしていましたが、それはどういった意味がありますか?

「この数ヶ月、毎日24時間、格闘技だけにかけてきました。格闘技と自分と向き合ってきて今は試合が特別だと思う感覚がなくなりました。絶対に勝ちたい、死んでも勝つ、その気持ちの上にレベルアップできたと思っています。ここまでかけてきて負けたらしょうがないし客観的にみて負けるはずない、100%勝つと思っています。 勝っても負けても自分がやってきた事に自信があるので積み重ねてきた事をいつも通りやればいいと思っています。勝っても負けても納得できる自分をつくってきました」

――この試合はどんな展開になると考えていますか?

「1ラウンドか2ラウンドで、自分がKOか一本で勝つのではと思っています」

――見ている人たちが注目すべきはどんな部分でしょうか?

「目を離せない試合になると思います。倒しにいきます。楽しんで戦うので、見てくれる皆さんにも楽しんでみてほしいです」

――意気込みと、ファンや自分の周りの人にメッセージをお願いします

「復活を皆さんにみせます。やっぱり仙三はいける、ONEのチャンピオンになれる、そう思ってもらえるようなパフォーマンスをみせます。みんなが自分の試合を見て楽しんでくれたら嬉しいです」


■視聴方法

12月25日(金) 日本時間 午後9:30~

ONE公式アプリ「ONE Super App」 ABEMAでライブ配信予定

(C)ONE Championship

5回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png