検索
  • newshexagon

【ONE】青木真也が話すRISEのこと「いろんなところでいろんな人と組み合って、経験値は、絶対的に上がりますよね。ここまで幅を持って活躍できる人ってなかなかいないんで」

1月22日(金)に開催された「ONE:UNBREAKABLE」で、およそ1年3ヶ月ぶりにONEでの試合に臨んだ元ONEライト級世界王者 青木真也が、ウェルター級からライト級に階級を下げた強豪ジェームズ・ナカシマ(米国)を相手に、試合開始わずか2分42秒ネッククランクで劇的な一本勝ちを飾った。この勝利の約1か月後に、青木が米国ゴールデンタイム放送も予定され、シリーズのラストを飾る「ONE on TNT IV」でまたも強豪・元UFCのセージ・ノースカット(米国)と対戦することが発表された。しかしノースカットは、新型コロナウイルスの影響が長引いているという理由で、試合を辞退。青木はこれまで1勝1敗の元ONEライト級王者エドゥアルド・フォラヤンと、3度目の対決をすることになった。3月の上旬にリモートで青木のインタビューが行われ、インタビューでは格闘技のことだけではなく様々な話を聞くことができた。


――RISEの解説をされていました。この経験で変わったことや思ったことをお聞かせください。

「キックボクシングは危ないなってことと、ああいう芸風も俺できるんだぜってことと、最終的にバックステージでRISEの伊藤代表とお話させてもらったんですけど、最後に何を言うのかなと思ったら『結局誰が一番強いのか決めたらいいと思うんですよ』って言われて盛大にずっこけるっていう。なに言ってんのかな?この人って思って」


――幅の広がりについてはいかがでしょうか?

「経験値としては、いろんなところでいろんな人とこう組み合えるという経験値は、絶対的に上がりますよね。ここまで幅を持って活躍できる人ってなかなかいないんで。チャクリキからキックボクシングからDDTからONEっていうのは強さだと思います」

(C)ONE Championship

6回の閲覧