検索
  • newshexagon

【RIZIN】初代ライト級王座決定戦ムサエフ vs. サトシ開催=6月13日(日)東京ドーム

最終更新: 6月2日

6月1日(火)、都内にてRIZINの記者会見が行われ、6月13日に東京ドームにて開催される「RIZIN.28」の追加カードが発表された。


会見では、榊原CEOより、トフィック・ムサエフとヴガール・ケラモフはすでに来日していることが明かされ、RIZINライト級トーナメント制覇のトフィック・ムサエフは初代ライト級王座決定戦をホベルト・サトシ・ソウザと争うことが発表され、ケラモフはフェザー級王者の斎藤裕とノンタイトルで対戦。スダリオ剛はMMAファイターシビサイ頌真と。さらにRISEから“ブラックパンサー”ベイノアが参戦し、MMAデビュー戦を弥益ドミネーター聡志と戦う等、4カードが追加された。


隔離中のムサエフは動画で「トフィック・ムサエフです。日本に戻ってきました。RIZINで必ずチャンピオンになるから期待していてください。東京ドームで会いましょう」とメッセージ。対するサトシは「次はみんなにいい試合を見せたい。見せたいのはわたしが柔術選手だけじゃない、本当にMMAの選手になったところ。それからRIZINのベルトを日本に戻したい。そのため一番集中している」と決意表明をし、ムサエフ戦に向け、強化してきたことについては「いつもわたしのジムでおにいちゃんとクレベルと関根さん(シュレック)とやっている。BELLWOODジムでも打撃をよく練習している。打撃の自信が上がった。(ムサエフに優っている点は)彼は打撃がすごく強い、投げのデフェンスも強い。でも、自分も打撃を練習していて、信じている。チャンスがあればグラウンドにいきたい。わたしのプランは極め。上でも下でも柔術選手だからどこでもいい。極めたい」と一本勝ちを狙うと意気込んだ。

(C)RIZIN FF

ムサエフのメッセージ。

(C)RIZIN FF

チャンピオンベルトとサトシ。

(C)RIZIN FF

17回の閲覧