検索
  • newshexagon

アンドレ・ジダがヴァンダレイ・シウバ、ミノタウロ・ノゲイラとおでかけ「ここにはたくさんの歴史がある。リスペクトしなくてはならない」

RIZINのルイス・グスタボのコーチとして知られている、アンドレ・ジダが、ヴァンダレイ・シウバとミノタウロ・ノゲイラと仲良く微笑む写真をSNSに投稿した。投稿には「ここにはたくさんの歴史がある。リスペクトしなくてはならない」という言葉が添えられている。

2002年頃、ヴァンダレイの所属していたュートボクセと、ノゲイラの所属していたBTT(ブラジリアン・トップチーム)のライバル関係はピークを迎えていた。シュートボクセとブラジリアン・トップチーム(BTT)は東京のヒルトンホテルでライバル関係を引き起こし、その7か月後に日本のファンは、ムリーロ・ニンジャがマリオ・スペーヒーと対峙するのを見る機会があり、2002年4月28日 2人は横浜で対決した。


打撃を非常によくトレーニングしていたニンジャは、スタンドでの攻撃をすべてかわし、判定3-0で勝利した。

シュートボクセの勝利後、ニンジャのセコンド、ペレの暴言は、チーム間の競争にさらに火をつけ、ミノタウロ・ノゲイラが泣くのを見た日本のファンに衝撃を与えた。「スペーヒーが負けたので、わたしは泣きませんでした。戦いは非常に僅差だったが、シュートボクセのメンバーの尊敬の欠如のためだった。彼らはこれがスポーツであることを理解しなければなりません」と、当時のBTT代表であるホドリゴは「Almanaque Combate / TATAME」のストーリーの中で語っていた。


それから20年近くの時が経ち、2人のレジェンドは仲良く微笑みながら1つのフレームに収まっていた。

(C)Andre Dida

12回の閲覧