検索
  • newshexagon

マイク・ブラウン「世界で最高のバンタム級ファイターについて語るとき、キョウジのことをもっと話すべきだよね」

RIZINバンタム級王者 堀口恭司のセコンドで知られているATTのコーチ、マイク・ブラウンが試合前の日本から米国メディア「MMA Junkie」の電話インタビューに応じていた。


マイク・ブラウンはほぼ5年間、堀口と協力してきており、人々が堀口の才能に敬意を払っていないと信じていた。


「世界で最高のバンタム級ファイターについて語るとき、キョウジのことをもっと話すべきだよね。キョウジはひどく過小評価されていると思うけど、UFC外で戦っているときはよくあることなんだ。しかしキョウジの記録、経歴を見たらその評価が信じられないよ。キョウジは素晴らしい記録を持っているんだ。キョウジはバンタムの中ではかなり小柄なほうだからバンタム級でもフライ級でも戦えると思うんだ。フライ級はかなり簡単だろうね。わたしはバンタム級はキョウジにもっとパワーをもたらすんだろうと思っているよ。キョウジは自分よりはるかに大きく、とても背が高い選手とも対戦している。それはキョウジにとっては難しいスタイルの対戦なんだよ」


また堀口は1年以上戦っておらず、ブランクは一般的にどのファイターにとっても悪いニュースであるが、マイク・ブラウンは堀口があまり拘束されなかったと考えていた。


「多くの人がとにかく戦う時間を逃したこのCOVIDのパンデミックの間に(ブランクが)起こったのはある意味、良いタイミングだったよ。キョウジは戻りたいと思っていたけどね。キョウジのメンタルは強く、できる限り集中するんだ。キョウジはサムライの生活を送っているよ。食事をし、眠り、そしてトレーニングをする。キョウジがすることはこれだけだ。キョウジは100%集中していて、ときどき心を休める必要があるときは、少し釣りに行く」


マイク・ブラウンは2冠王者についても話しており「キョウジが2つのプロモーションの王者になったのは初めてのことだったけど、特別なことだったよ。ほとんどのプロモーションはクロスプロモーションチャンピオンシップを行っていないから、非常にまれな出来事だったよ。一度に1ステップずつだね。最初にキョウジがこのRIZINタイトルマッチを行い、その後どうなるか見ていくよ」と未来が明るいことを知っていたが、目前の仕事に集中していた。

(C)RIZIN FF

120回の閲覧