検索
  • newshexagon

【RIZIN】堀口恭司「行列のできる法律相談所」にゲスト出演「501日ぶりの試合で恐怖感は全くなかった」

2月21日、RIZINバンタム級王者 堀口恭司がゲスト出演した「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)が放送された。


俳優 仲野太賀は、2018年9月の「RIZIN.13」をさいたまスーパーアリーナで生観戦し、堀口と那須川天心との試合を観て、堀口の大ファンになったという。そんな仲野の「一番幸せな瞬間」は「堀口恭司を見ているとき」だと紹介され、もし会えたら、カーフキックを蹴ってもらいたいと願望していた。それを叶えるために堀口はRIZINのベルトを肩にかけ、いつもの「My Time」とともに登場した。


登場した堀口に仲野は「かっこいい~」を連発。堀口は東野幸治、後藤輝基らに朝倉海戦の作戦について問われると「前の試合を見ていたら、蹴りに対する反応が悪かったので、作戦どおりだった」と明かした。


さらに「501日ぶりの試合で恐怖感は?」「前日寝れないとか?怖いとか?」の質問にも「全く無かったです」 といつものようにブレずに答え、周囲を驚かせた。仲野も「メンタルの強さは昔から?」と聞いたが「そうですね。昔から。ポジティブに考えるようにしている」と堀口らしく返答した。


東野の「この階級で世界でどれくらい強いのか?」という疑問には、「まあ、10位以内には入っているんじゃないですかね」と控えめに答えた。


「だるま落としにならないように気を付けて」と心配されながらも、仲野は念願の堀口のカーフキックを受けることに。プロテクターをつけカーフキックを受けた仲野は「でっかい球体がドンッと来たみたい。どえらいっすね」と感想を話し、「大満足です。お疲れ様でした」と満足気に話した。

(C)RIZIN FF 記者会見のスクリーンショット

24回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png