検索
  • newshexagon

【RIZIN】皇治、個人ジム「TEAM ONE」をオープン「原点に帰って一花咲かせたい。誰でもやりますよ。誰でもかかってこい」

4月11日(日)都内にて皇治のジム「TEAM ONE」オープンのお披露会が行われた。


皇治は囲み取材に応じ、ジムは自分専用だと話し、一般会員は考えていないと説明した。1Fにリング、2Fには筋トレスペース、3Fはオフィス。トレーナーやスパーリングパートナーは呼ぶ予定だが、ここ自分専用のジムで練習し、これからは「原点に帰って一花咲かせたい」と意気込みを話した。

(C)Viviane Yoshimi

ジムの準備は2月くらいから始めたといい、きっかけは昨年大晦日の五味隆典戦で「お金が全てじゃないと気付きました。お金が大好きなんで稼がんと意味がないとやってきて、格闘技界の中でもある程度稼がせてもらって、やっぱり気付かぬうちにモテまくるし、どっかで慢心しとっとたんですよね。それが五味さんのおかげでなくなりましたよ。五味戦で学んだのは(五味は)一時代を築いて、あんだけレジェンドなのにストイックで、殴り合いしてる時もほんまに勝ちにきはったっていうのをすごく感じて、自分はほんまにぶっ倒すつもりでいきましたし、殴り倒してやろうと思っていったんですけど、五味選手はほんまに勝ちに徹してはったし、勝ったぞって自分にも言ってはって、これがほんまにハングリーな男なんやと。そういうのを俺は忘れてたと。いろんなとこで勉強になりましたね」とジムオープンのいきさつを語った。


(C)Viviane Yoshimi

3月26日に行われた「RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント 1st ROUND」の「組合せ抽選会」の会見で、榊原CEOが「大阪大会のメインを皇治に託す」と話したことについては「1dayトーナメントをやりたい」とRIZINにトーナメントを直訴。続けて「MMAばかり目立っているけれどキックもメジャーにして欲しい。ONEムエタイフライ級王者・ロッタン(ジットムアンノン)とやりたい。格闘技って勘違いしてる人もいるけど倒れなかったら正解じゃないんでね。俺はそんな男に何も満足してないんで。倒れへんと言われているロッタンとお互いやれば、どっちかが倒れるからわかりやすいと思うんで、むっちゃ盛り上がると思う。それが無理なら日本で成績を残しているムエタイのチャンピオンとかとやりたい」と語り、団体の壁について、ファイターについても「現役でしか生きれないんやし、俺らを応援してくれてるファンって今しか応援できないんやから、現役中に団体の壁をなくしてやろうよと言い続ける」と複雑な心のうちを明かした。


(C)Viviane Yoshimi

現在の練習内容についても「7時に起きて食事メニューもトレーナーに見てもらい、縄を登る。朝練でキックボクシング、夕方は走り、夜8時くらいからも練習をしていると説明し「60㎏では負けない。誰でもやりますよ。誰でもかかってこい」と自信を見せた。


「格闘技は夢があるだろってことを証明したい」とも話していた皇治は「ファンを笑わすと約束したし、皇治軍団には感謝している」とファンへの感謝を口にしていた。


(C)Viviane Yoshimi

19回の閲覧