検索
  • newshexagon

【RIZIN】クレベル・コイケ独占インタビューⅢ「わたしは完璧なるMMAファイター&柔術家」~東京ドーム大会を直前に控えて

最終更新: 2日前

元KSW王者 クレベル・コイケがついに朝倉未来との大一番を迎える。MMAで18年ぶりの東京ドーム、しかもメインに登場するクレベルはなにを思っているのか話を聞いた。クレベルは2020年大晦日の「RIZIN.26」で念願のRIZINデビューを果たし、カイル・アグォンを相手に鮮やかな一本勝ちを飾った。3月21日に名古屋・日本ガイシホールにて開催された「RIZIN.27」にも、大晦日に続き連続参戦し、柔道ベースのグラップラー 摩嶋一整と対戦し、一本勝ちしている。


――東京ドームで試合をする気持ちを教えてください

「わたしの時間がやってきたというように最高の気分だよ」


――理想の試合展開はどんな展開でしょうか?

「理想的な試合展開は勝つことかな。ハハハハ」


――理想的な勝ち方を教えてください

「できるだけミスを少なくして勝ちたい」


――朝倉未来選手は「路上の伝説」と言われています。これをどのように捉えていますか?

「そうだね、彼はストリートファイターのような悪役を演じているけれど、戦いは戦いなので、最善を尽くし、準備を整えた者が勝つんだ」


――朝倉未来選手はテイクダウンをされにくい選手と言われています。こちらについてはどのようにお考えですか?

「そんなことはないと思っている。わたしが試合でお見せしましょう。日本に衝撃を与えるよ」


――朝倉未来選手は柔術家で、近年では“No-Gi”の実績が高い岩本健汰選手と練習をしていますが、クレベル選手が警戒している点はありますか?

これは柔術ではなくMMAなんだ。わたしは完璧なるMMAファイターかつ柔術家だ。わたしのスタイルは、柔術着を着ていない柔術(No-Gi)とはとても異なっている。グラウンドでは我々は、彼が練習してきたことに付き合う気はないよ


――朝倉未来選手の試合は見て研究したりしましたか?

「試合を見るのは好きじゃないんだ。基本的に彼が何をしているかは気にしない。自分がどんなことをして、どんなトレーニングをしているかってことだね」


――クレベル選手が打撃を練習しているBELL WOOD GYMではどの選手とよくスパーリングをしていますか?

「ONE Championshipに参戦しているスズキ センセイ(鈴木 博昭)と、同じくONEのナイトウ タイキ(内藤 大樹)とRIZINのキタガワ(北川裕紀)だよ。それとサトシ(ホベルト・サトシ・ソウザ)は主なスパーリングパートナーだよ」


――もしこの試合を超えることができたら、いつタイトルマッチに挑戦したいですか?

「この試合には勝つだろう。そしてなるべく早くタイトルに挑戦したい。なぜなら、大晦日にはもう防衛戦をしたいからね」


<by Viviane Yoshimi>

(C)Viviane Yoshimi

34回の閲覧