検索
  • newshexagon

ケイラ・ハリソン 「もちろんサイボーグと試合をしてみたい」

PFL2019年女子ライト級覇者で、ロンドンとリオ・デ・ジャネイロオリンピック柔道金メダリストのケイラ・ハリソンが11月20日(金)(現地時間)に米国カンザス州カンザスシティで開催された「Invicta FC 43」に急遽参戦し、見事フィニッシュ勝利した。


PFLではライト級(約70㎏)で戦っていたハリソンだが、Invicta FCでは階級を落としフェザー級(約66㎏)で戦い、フェザーのウエイトを問題なく作れることを証明した。

ハリソンがフェザー級での戦いを披露したのちに、UFC女子フェザー級、バンタム級王者のアマンダ・ヌネスやBellator女子フェザー級王者でMMAグランドスラム王者のクリス・サイボーグとの戦いについての議論は、すでに活発に行われていた。

Bellator代表のスコット・コーカーは、相互プロモーションの戦いにオープンであることで知られている。

写真:クリス・サイボーグのインスタグラムより

ハリソンは「もちろんサイボーグと戦いたいです。サイボーグは素晴らしいファイターの一人だし、PFLのシーズン前には試合はしないと思うけど、誰とでも戦います。ヌネスはチームメイトなので友情の観点でいえば少し違うけれど、ヌネスのことは史上最高だと思ってるし、もちろんわたしも史上最高のファイターと戦うのに充分とみなされたいと思っています」とサイボーグとの戦いについて両手をあげて歓迎した。


またハリソンは今後の目標についても言及した。

「史上最高になることがわたしの目標です。しかしサイボーグは別の女性のスーパースターであり、スポーツの伝説です。わたしはそのサイボーグとの試合のチャンスに飛びつきます」とサイボーグと試合をしてみたいと強調した。

(C)ESPN

24回の閲覧