検索
  • newshexagon

【RIZIN】アラン“ヒロ”ヤマニハ、インタビュー2「わたしは日本の血を引くブラジル人で、両方の国に誇りを持っています!!!!」

いよいよRIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント 1st ROUNDが、開幕する。6月27日に、丸善インテックスアリーナ大阪にて予定されている「RIZIN.29」で倉本一真と対戦するヒロ・ヤマニハは、ホベルト・サトシ・ソウザ、クレベル・コイケに続くボンサイ柔術第3の刺客。柔術黒帯を持ちながらも2010年にMMAデビューし、すでにMMAのキャリアは10年を超え、現在はパンクラスバンタム級1位。RIZIN JAPAN GP2021 バンタム級トーナメント制覇も狙っている。開幕を控え、GP制覇に向けトレーニングを積んでいるヤマニハに独占インタビューした。


――ブラジリアン柔術の大会に出る予定はありますか?

「わたしはいつも柔術が好きでしたが、今のところわたしの足はMMAを追いかけています...だから柔術の計画はありません。MMAには留まりたくないです」


――入場曲はなんでしょうか。またその曲は長く使い続けていますか?

「ロイ・ジョーンズ・ジュニアの『Can't be touched』を長い間使用しています。彼のボクシングのファンなので...彼の大胆さをわたしたちのリングで。わたしとわたしの娘がかっこいいと思う曲を出しました」


――パンクラスの王者ハファエル・シウバと戦ってみたいですか?

「チャンピオンの味は感じたい!!!! ハファエル・シウバとわたしは友達で、わたしは彼の仕事を知っていますし、本当に彼の道のりを応援しています....わたしはわたしの栄光が欲しいですが、誰もそこへ足を踏み入れない限り、我々の運命はそこへ辿りつくでしょう」


――戦ってみたいファイターはいますか?

「わたしは自分の階級で最高のファイター達と戦いたいですが、自分の時間が来たと確信していて、自分が戦いたいすべてのファイターと戦います.....」


――趣味はなんですか?

「趣味は、家族と過ごすことでシュハスコ(ブラジルスタイルのBBQ)が好きです。トランプをしたり、サッカーをしたり、娘と遊ぶために出かけたりしています」


――夢はなんですか?

「わたしの今の夢は、このGPを制覇することです....わたしの家族にもっと安定を与えること...わたしは日本×日本の血を引くブラジル人で、両方の国に誇りを持っています!!!!」

(C)Viviane Yoshimi

23回の閲覧