検索

【Bellator】クリス・サイボーグ「ケイラ・ハリソンがPFLのトーナメントのチャンピオンになれば、ファン全員が見たいと思う試合をしたいと思います」

Bellator女子フェザー級王者 クリス・サイボーグが、2021年はさらに注目を集めることを探していると米メディア「MMA Fighting」が報じた。


サイボーグは2020年1月にBellatorデビューし、ジュリア・バットが所持していたBellator女子フェザー級王座に挑戦し、TKO勝利で女子フェザー級王座を手に入れた。10月にはアーリーン・ブレンコウを挑戦者に迎えて、タイトルマッチを行いタイトルを防衛した。


サイボーグはUFC以外の女性のMMAファイターで一番知られているが、サイボーグに近いのは2度のオリンピック金メダリストであるケイラ・ハリソンだろう。

ハリソンはPFLに参戦し、2019年女子ライト級トーナメントで優勝した。PFLは2020年にイベントを開催しなかったため、昨年ハリソンはライト級(約70㎏)から階級を落としサイボーグと同じフェザー級(約66㎏)で「Invicta FC 43」に急遽参戦し、見事フィニッシュ勝利した。


サイボーグは「ハリソンがウェイトを作ったのを見ました。今年、ハリソンはPFLの女子ライト級トーナメントに出場すると思います。ハリソンがこのトーナメントのチャンピオンになれば、ファン全員が見たいと思う試合をしたいと思います」と話した。


サイボーグはハリソンに対して自分のタイトルを守ることを考えておらず、ハリソンのウェイトでの試合考えているという。


サイボーグはまた「引退する前に、ディビジョンの構築を手伝いたいと思っています。すべての人々はわたしに『ウェイトを下げるだろう』と言ってきました。わたしにはチャンスがありませんでしたが、ウェイトを上げます。 これは実現する可能性のある1つの夢です」と語った。


サイボーグは、キャリアのほとんどを女子フェザー級で競い合ってきたが、女子ライト級でのハリソンとの戦いは、女子フェザー級のウェイトを超えるサイボーグの最初の試合になるだろう。

(C)Bellator

27回の閲覧