検索
  • newshexagon

【Bellator】クリス・サイボーグ、MMAデビュー16周年を迎える「わたしはファンのために戦い、すべての人の模範となり、女子MMAを改善し続け、伝道師の仕事をするのが好き」

2005年5月17日はクリス・サイボーグがプロMMAデビューを果たした日で、今週の月曜日にサイボーグはキャリア16周年を迎えた。 サイボーグは5月21日に米国コネチカット州アンカスビル・モヒガン・サン・アリーナで開催予定の「Bellator259」のメインで、女子フェザー級でレスリー・スミスの再戦の防衛戦に臨む。サイボーグはプロMMAデビューを果たした日とその意味をよく知っており、実際、彼女のチームはすでにTシャツを作り上げた。


水曜日にサイボーグはこのことについて、米メディア「MMA Junkie」の取材を受けていた。サイボーグはキャリアを振り返り「ちょうど昨日始めたような気がします。(時間)はとても早く過ぎます。この16年間は、成功に非常に恵まれていると感じています。わたしは4つの世界タイトルを持っており、感謝しています。わたしは一生懸命働いていますが、あなたが何かを愛し、あなたがあなたの仕事を愛しているなら、あなたは16年以上続けることができます」と話した。


すでに4団体制覇を成し遂げるなど、レガシーを築いているサイボーグだが「プレッシャーはありません。わたしはファンのために戦い、すべての人の模範となり、女子MMAを改善し続け、伝道師の仕事をするのが好きです。毎日が新しいと感じています。 Bellatorに興奮していますし、それはわたしの心に火をつけます。その瞬間を楽しむだけでワクワクします」とさらなるレガシーについて意欲を見せた。


21日に控えているスミスとの試合については「前戦はキャッチウェイトの試合だったので(今回は)エネルギーが違うように感じます。今回、わたしたちは女子フェザー級で戦います。満足していますし、5年前とは異なります。わたしは5年前とは別のファイターであり、別の人間です。 毎日良くなっています」と試合直前の気持ちを明かした。

(C)Cristiane Cyborg

5回の閲覧