検索
  • newshexagon

【UFC】ブランドン・モレノ「4月にデイブソン・フィゲイレードと再戦したい。メキシコ人初のUFC王者になりたいんだ」

フライ級ランキング1位のブランドン・モレノが「4月にデイブソン・フィゲイレードと再戦したい。けれど待たないといけないかもしれない。なぜなら、今のところ、ボールがフィゲイレードのコートにある」と話した、と米メディア「MMA Junkie」が報じた。


フィゲイレードとモレノは、昨年12月の「UFC 256」で5R戦い、ドローで終わった。その結果、即座に再戦への扉が開かれ、デイナ・ホワイトは、この試合の再戦に意欲的だった。


「俺は試合が終わってもジムにいて、とても一生懸命トレーニングしているよ。マネージャーのジェイソン・ハウスに4月に試合の準備ができていると話したよ。彼は、それをUFCに強く推し進めているよ。だけどどうやら、フィゲイレードは俺たちと少し違った考え方をしているみたいなんだ。フィゲイレードは少しぽっちゃりしていたので、4月がうまくいくかどうかは本当にわからないよ」(ブランドン・モレノ)


UFC 256後、フィゲイレードは引退した元UFCバンタム級・フライ級王者のヘンリー・セフードとの戦いについてインタビューで多く話してきた。モレノは財政的な観点からこの動きを理解しているが、UFCがこのマッチメイクを行うことを期待していない。またモレノは、フィゲイレードと5R戦っているので、フィゲイレードを見つけ出したと考えていた。モレノは、前戦にわずかな調整を加えるだけで、UFCの最初のメキシコ人王者になるというう目標が達成できると考えている。


「フィゲイレードはただファイトマネーのために戦うだけだよ。俺はペイパービュースーパースターじゃない。フィゲイレードはより多くのファイトマネーが必要なんだ。元二階級制覇王者セフードと戦いたいっていうのは、フィゲイレードにとって単に経済的な決断だよ。 だけど、俺たちの最初の試合を見た人は誰でも、再戦が必要だと信じているよ。ほぼ毎日、『あの試合は、これまでに見た中で最高の戦いの1つ』っていう素敵なメッセージが届くんだ。ファンにあと5ラウンドを見せる以外に何もしたくないよ。俺は 『フィギー』の大きな秘密を発見したしね。俺は最初の試合での自分のパフォーマンスを誇りに思っているし、次オクタゴンに戻ったときは、あの時の2倍の強さのファイターになっている」(ブランドン・モレノ)


(C)UFC

10回の閲覧