検索
  • newshexagon

【Bellator】渡辺華奈、打撃で35秒TKO負け~さらなる進化に期待

6月25日(金)(現地時間)米国コネチカット州アンカスビル・モヒガン・サン・アリーナにて「Bellator261」が開催された。日本からは女子フライ級3位の渡辺華奈が登場し、セミで同2位のリズ・カモーシェとの大一番を迎えた。渡辺はBellator2連勝を飾っており、戦績は11戦無敗。対するカモーシェはStrikeforce女子ウェルター級王座、UFC世界女子バンタム級&フライ級王座に挑戦するも王座獲得ならず、現在はBellator世界女子フライ級の王座を狙っている。戦績は15勝7敗。この試合の勝者が、来月の世界女子フライ級王者ジュリアナ・ヴェラスケスとデニス・キーホルズのタイトルマッチの勝者への挑戦権を得ると言われている。


試合開始早々に、カモーシェは打撃でプレッシャーをかける。左と右のパンチをもらった渡辺はケージ際に追い詰められる。カモーシェはこれを逃さず、ラッシュをかけるとレフェリーが試合をとめ、35秒でカモーシェがTKO勝ちをおさめた。


次戦では、また持前のフィジカルの強さを生かし、打撃を進化させた渡辺の試合に期待したい。

(C)Bellator

15回の閲覧