検索
  • newshexagon

【Bellator】マイケル・"ヴェノム"・ペイジとデレク・アンダーソンが激突=5月7日

最終更新: 5月8日

5月7日(金)(現地時間)米国コネチカット州アンカスビル・モヒガン・サン・アリーナにて開催される「Bellator258」の対戦カードに、マイケル・"ヴェノム"・ペイジ vs. デレク・アンダーソンのカードが追加された。


マイケル・"ヴェノム"・ペイジはウェルター級2位でMVPのニックネームを持ち、長い手足から繰り出される変則的で独創的な打撃が特徴。またアニメなど日本カルチャーが好きなペイジはスコット・コーカーに日本行きを直訴し、2019年12月29日のBELLATOR JAPANに参戦。元UFCファイターの安西信昌と対戦し、KO勝ちを収めている。戦績は18勝1敗でこの1敗は現ウェルター級王者ドゥグラス・リマとの対戦によるものとなっている。


対するデレク・アンダーソンは同ランキング6位。戦績は17勝3敗で現在3連勝中。 アンダーソンはキャリアのほとんどをライト級で過ごしていたが、2019年にウェルター級に階級を上げ、人気シンガーデミ・ロヴァートの元恋人ギリェルメ・ヴァスコンセロスと対戦。3-0の判定勝ちを収めている。 2020年は11月の「Bellator 251」で一度だけ試合をし、サッカーボールキックでキリス・モタをノックアウトした。


「Bellator258」のメインでは堀口恭司の対戦を相手を決めるであろう、大注目のバンタム級タイトルマッチが行われ、現王者フアン・アーチュレッタがランキング1位のセルジオ・ペティスを挑戦者に迎え初防衛戦に挑む。同じバンタム級ではBellator×RIZINの対抗戦で元谷友貴と対戦し一本勝ちを収めた、同2位パトリック・ミックスがアイルランドの人気者で同5位ジェームズ・ギャラガーと対戦する。


ライトヘビー級ワールド・GPの最後のトーナメント1回戦、アンソニー・ジョンソン vs. ヨエル・ロメロも行われる。元UFCファイター同志でありながらUFCでは実現しなかったミラクルカードがBellatorで実現し、ともにBellatorデビュー戦を飾る。このように盛りだくさんの大会に注目が集まっている。

(C)Bellator

35回の閲覧