検索
  • newshexagon

【Bellator】パトリシオ・"ピットブル"・フレイレ圧倒的な強さで王座防衛&GP決勝進出「フィニッシュは俺にとって普通の動き。柔術が得意だしね」

4月2日(金)(現地時間)米国コネチカット州アンカスビル・モヒガン・サン・アリーナにて「Bellator255」が開催され、メインで、フェザー級・ライト級王者のパトリシオ・"ピットブル"・フレイレがエマニュエル・サンチェスとフェザー級防衛戦&フェザー級ワールドGP準決勝を行った。


パトリシオ・フレイレはブラジルの国歌で入場。落ち着いた表情でサークルケージに向かう。


静かな立ち上がりにサンチェスがローキックを蹴る。ボディを入れたパトリシオ・フレイレは続けてワンツーの左フックで打ち抜く。倒れたサンチェスが起き上がったところにパトリシオ・フレイレがギロチン。サンチェスを絞め落とし、レフェリーが試合をとめた。


試合後にパトリシオ・フレイレは「彼は素晴らしいファイター。俺はいい瞬間を狙っていた。俺にとっては普通の動きをした。柔術が得意だしね」とノーダメージのまま話した。


パトリシオ・フレイレは6月の決勝で、AJ・マッキーと100万ドルの賞金を賭け戦う。

(C)Bellator

兄のパトリッキーは試合前に「階級代表。たくさんの献身が一枚の写真につまっている」とチーム全員がブラジル代表のようなウェアに身を包んでいる写真を、SNSに投稿していた。


(C)Patricky Pitbull

30回の閲覧