検索
  • newshexagon

現Bellator バンタム級王者 ファン・アーチュレッタがSNSで、堀口恭司との東京ドームでのWチャンピオンシップをアピール

現Bellator バンタム級王者 ファン・アーチュレッタがSNSでRIZINバンタム級王者 堀口恭司との対戦をアピールした。場所と日時は3月14日に東京ドームで開催予定のRIZINでのダブルチャンピオンシップを希望した。


RIZIN 榊原CEOはかねてから、3月14日の東京ドームにBellator王者のアーチュレッタを呼ぶプランがあることを明かしていたうえに、アーチュレッタは以前より堀口との対戦を熱望していた。アーチュレッタはSNSでダブルチャンピオンシップとしっかり書いており、もし日本での試合が実現するのなら、自らの所有するBellator バンタム級王座も賭ける覚悟を見せた。


アーチュレッタは堀口がBellator王座を獲得成功した際に「ホリグチ、どこだ!試合をしよう!帰さないぞ!」と絶叫し、のちの自身の王座獲得後の記者会見でも「ホリグチはどこにいる?」と度々、堀口との対戦をアピールしていた。


以前、本媒体でアーチュレッタに直接「直接なぜいつも『ホリグチ!!』と叫んでいるのでしょうか」と尋ねたところ「なぜなら、ホリグチはこのスポーツにおいて伝説のようなものだからね。世界で最高の戦いをしたいと思って、偉大なファイターになるためには、自分自身に挑戦しなければならないんだ。そして堀口は世界一のファイターのなかの一人だよ」とコメントしていた。


さらに近い未来のビジョンとして「将来は、武道の発祥の地の日本に行って試合をして、日本人の文化学びたいんだ!わたしはいつも、MMAを理解しているファンがいる日本の最高のアリーナで試合したいと思っているんだ。それはずっと、日本で武道を始めてからの夢だよ。わたしのメンターであるダン・ヘンダーソンは日本で素晴らしい試合をしてるし、わたしはそのレガシーを継続したいと思ってるんだ」と最高のアリーナで日本のファンの前で試合がしたいとも話していた。


堀口と対戦することも、日本で戦うこともアーチュレッタにとって大きな希望だったことがうかがえる。


■アーチュレッタのインタビュー記事はこちら

<https://www.hexagon-news.com/post/archuleta-interview>

(C)Juan Archuleta

117回の閲覧