検索
  • newshexagon

アリスター・オーフレイム、グローリー・キックボクシングと複数試合契約~キックボクシングのルーツに戻る

6月8日(火)日本でも活躍し、3月にUFCを離脱していたアリスター・オーフレイムがグローリー・キックボクシングと複数試合契約を結んだとオーフレイムの経営陣が米メディアESPNに語った。グローリーデビューの日程や対戦相手は決まっていないが、今年後半に行われる予定とのこと。


このニュースは、オーフレイムがUFCのグローブをはずし地面に置くという不可解なインスタグラムのビデオを投稿した後に発表された。そのビデオの後に、オーフレイムはプロモーションで制作したグローリーのグローブを手に取る別のビデオを投稿した。


41歳のオーフレイムは、過去3試合のうち2試合で勝利を収め、UFCを離脱している。元DREAMヘビー級暫定王者であり、ストライクフォース同級王者であるオーフレイムは、UFCで最後のタイトルマッチ挑戦を狙っていたが、今年2月にアレキサンダー・ヴォルコフに2R TKO負けを喫し、挑戦は叶わなかった。


14戦におよぶプロのキックボクシングの試合で、オーフレイムは 10勝4敗の戦績を残しており、K-1 WORLD GP 2010では優勝している。キックボクシングではバダ・ハリ、グーカン・サキ、ピーター・アーツなど強豪を破っており、オーフレイムは10年以上ぶりにキックボクシングのリングに戻る。

(C)Viviane Yoshimi

オーフレイムの動画はこちら


9回の閲覧