検索
  • newshexagon

元PANCRASEファイター ルックブンミーと元RIZINファイター フレイがUFCファイトアイランドで対戦

10月3日(現地時間) アブダビのファイトアイランドにて「UFC Fight Night:Holm vs. Aldana」が開催された。


プレリムでは女子ストロー級のローマ・ルックブンミーとジン・ユウ・フレイが対戦した。


ルックブンミーはPANCRASEにも出場経験があるムエタイ200戦以上のタイ人初のUFCファイター。 UFCの戦歴は一勝一敗。フレイは元Invicta世界アトム級王者でRIZINで浜崎朱加と対戦経験があるほか、過去にハム・ソヒと対戦経験もある。2020年6月にUFCでデビューしたものの一本負けをしており、UFC初勝利を目指している。

ちなみにフレイは放射線医学で大学院を卒業し、成績上位5%の優秀生だという。


試合は1Rから2Rにかけては、ルックブンミーはムエタイの選手らしく、多彩な足技からの首相撲の攻撃を見せていた。首相撲からのヒジ、ヒザもうまく、フレイはとてもやりづらそうに見えた。


3Rでようやく、フレイのテイクダウンが成功すると、ルックブンミーの動きはやはりグラウンドではやや繊細さを欠いていた。グラウンドでもフレイは決定的な攻撃を見せることができず、再びスタンドへ。試合は判定に持ち込まれ、3-0でルックブンミーが勝利した。


試合後にルックブンミーは「世界的なパンデミックの中で試合をすることができ、家族のために稼ぐことができて嬉しいです。わたしにチャンスをくれたUFCには感謝しきれない」と話した。







(UFC インスタグラムより)

7回の閲覧