検索
  • newshexagon

【ONE】「ONE:INSIDE THE MATRIX」ニューイェン、リー コメント

今週金曜10月30日にシンガポールで行われる「ONE: INSIDE THE MATRIX」でONEフェザー級世界タイトルマッチに臨む両選手のコメント、及び同階級の日本人選手、松嶋こよみと高橋遼伍のコメントが主催者より届いた。松嶋こよみは昨年ONEフェザー級世界タイトルマッチでマーティン・ニューイェンと対戦し、高橋遼伍は今年1月にタン・リーと戦った。

■ONEフェザー級世界王者 マーティン・ニューイェン

――タン・リーも、素晴らしいノックアウトパワーを持ち合わせているので、これまでグラップリングスキルを見せる機会は少なかったと思います。そんな中、今回はどんな局面で優位になると考えていますか?

「この試合での違いを挙げるとすれば、どちらが(試合の)ハンドルを握るのか。もしくは、どちらがハンドルを勝ち取るのかという点。僕も彼もタレント性のあるファイターだし、力のあるストライカー。だけど僕らには、グラップリングでも同等のスキルがあることは明確だよ。これまでONEのサークルでは、それを披露する機会がなかった。どちらも相手にダメージを与えてフィニッシュすることを狙う、そんなファイトスタイルだからね。でも、今回のタン・リーとの試合に関しては、勝ちへのハンドルを握った方が勝つ。誰よりも勝利を望む者が勝つ。間違いなく僕が勝ちに行く」

――相手のタン・リーは、5ラウンドの戦いを何度も経験している訳ではありません。フルラウンドまで持ち込んで戦うつもりですか?

「もちろん。タン・リーについて徹底的に分析してきた。ゲームプランは特になくて純粋に自分のスキルを見せつけて、ベストを尽くすだけ。タン・リーのレコードで言うと、2ラウンド2分35秒が彼の最長だったかな。もしもそこまで来たら、彼を未知の世界に引きずり込みたい。ただ、5ラウンドまで待つつもりはない。試合開始のゴングが鳴って、ケージに入り込んだら、もう勝ちに行くだけ」

――対戦相手のタン・リーは、マーティンとは長い対立になるのではと述べていますが、同じように思いますか?

「そうは全く思わない。彼は、1人の対戦相手であって、僕のやることは彼に勝ってタイトルを守ること。そして次に進むだけ」

――以前は、ライト級とフェザー級を行き来していましたが、当分はフェザー級に留まりタイトルを守ることに集中しますか?

「 今いるフェザー級、これは僕のレガシー。ウェイトを上げてライト級で戦うことも、逆にウェイトを下げて戦うこともモチベーションにならない。僕にとっては、フェザー級で戦うことが全てだ。だから調子も良いし、健康でいられるし、ベストを尽くせる」

――仲間のアウンラ・ンサンと同じ大会で戦うことはどのように思いますか?より一層気持ちが高まりまったり、モチベーションが上がったりしますか?

「 同じ大会で戦うことは嬉しい。この試合で全てを出し尽くすために、8週間、同じ家で寝食を共にした。彼が経験してきたことを僕も経験してきて、同じ道のりを歩んできた。キャンプでは血も汗も涙も共にした。だから同じカードにいることは、とても誇りに思うし、お互いのためにベストを尽くす」

――マーティンの戦いは多くの若者、高い目標を持つアスリート達に影響を与えています。若者に希望を与えることについてはどう感じていますか?

「これは究極の道のりであり、旅なんだ。誰かが僕たちをアスリートとして尊敬してくれたり、『この人が諦めずにやったから自分も諦めなかった』『この人のおかげで毎日自分を奮い立たせることができた』というように、誰かが振り返ってくれたら嬉しい。若い世代にも、上の世代にもそんな影響を与えられたら夢のようだよ」

■ONEフェザー級世界タイトルマッチ挑戦者 タン・リー

――遂にマーティン・ニューイェンへの挑戦権を得ました。どんな気持ちですか?

「 世界最強の1人と戦える機会を与えられて、とても興奮している。世界に僕が何者なのかを再び見せることが出来るのも楽しみだし、家族が僕を誇りに思う機会を嬉しく思う」

――このパンデミックはどんな影響を与えましたか?

「 パンデミックが与えた影響といえば、自分を進化させるための時間をくれたこと。継続的なキャンプでは時間を割けなかったので、この期間はこれまで以上に自分のスキルセットに集中できたと思う。もっと危険なファイターになった」

――対戦相手のマーティン・ニューイェンについて伺います。マーティンはONEの中でも代表格の選手で、史上最高のフェザー級アスリートだと思います。彼と対戦することについてどう思いますか?また、それぞれのアドバンテージは何ですか?

「彼は、控えめに言っても最高のチャンピオンだと思う。でも、僕とのスキルセットの違いで、彼はこの戦いで制限されると思う。彼はチャンスをつくるのに長けている。ヘビーショットで罠を仕掛けてくる。それに彼は相手が熱くなって動きが乱れてきた時に、それを利用してアドバンテージを取るのが上手。経験値が高いからね。でも、僕はそれらの全てにおいて彼よりもうまくやっている。加えて、僕の動きは彼がついて来られないレベルの複雑さがある」

――どんなことに注目して欲しいですか?

「純粋に、僕に注目して欲しい。ONEとサイン(契約)してからずっと、この試合のために準備してきた。何試合戦う必要があるのかは分からなかったけど、最終的にここに来ることは分かっていた。結局、3試合して3試合とも早いタイミングでノックアウトした。比較的うまくいった道のりだったと思う。良い練習を続けてきてこの勢いを維持してきた。マーティンのように、偉大なチャンピオンを見過ごすことはない。やっと望んでいたマッチアップが実現して、自分の仕事をする時が来た。僕はまだ何も達成していない、ただ試合を組んでもらえた。だからあとは勝つだけ」

―― ベトナムにもルーツがあるご自身ですが、ベトナムにとってこの試合はどんな意味があると思いますか?また、ベトナムにどんな影響を与えると思いますか?

「この世界タイトルマッチがベトナム対決であるということは、ベトナムのMMAにとって、とても良いニュースだと思う。ファンはこの試合で2つの異なるスタイルのMMAを楽しむことができるんじゃないかな。最近、政府がMMAを正式に承認したから、今後さらに露出していくと思うし、この試合はONEにとってもベトナムのファンにとってもWin-Winだと思う」

―― このタイトルマッチ挑戦は自身のキャリアにどんな意味をもたらしますか?

「 今回の試合は僕のキャリアにおいて、とても大きなステップになると感じている。戦い(MMA)を始めた理由は、可能な限り最高の自分に近づくため。だから今回は、そのゴールまでの道をはかる絶好の機会。金色のベルトは僕にとっては特に意味がなく、フェザー級で世界一と言われる選手に勝つことが、僕の全て。文字通り自分の人生をかけてやってきたし、自分の全てを意味する。また自分がMMAの世界でレガシーを残そうとしているという点においても、このチャンスは素晴らしいマイルストーンになると感じている」

ニューイェン、リー (C)ONE Championship


■ONEフェザー級 松嶋 こよみコメント

―― 現王者マーティン・ニューイェンについては?

「冷静かつクレバーな選手。相手の距離の作り方がうまく、自分の距離になったら仕留められる攻撃力のある選手です」

―― 一方で、挑戦者のタン・リーの印象については?

「攻撃の範囲・幅が広い上にズバ抜けた攻撃力の持ち主。一瞬で自分の流れに持っていくことのできる選手だと思います」

――今回の試合について は?

「最終ラウンド(5R)までもつれ、最終的にニューイェンが試合を作り、判定でニューイェンが勝つと思います。タン・リーが勝つとしたら、短い時間で決まる場合かと思います。どちらが勝つのか予想が本当に難しいです」

松嶋こよみ (C)ONE Championship

■ONEフェザー級 高橋 遼伍コメント:

―― 現王者マーティン・ニューイェンについては?

「ファイターですが、荒々しい雰囲気がなくて、優しい雰囲気をしているファイターだなという印象です。笑顔がとても良いと思います。右のパンチをロックオンするまで試合を組み立てながら右が当たるのを待っている印象です。そしてONEの環境に慣れている選手だと思います」

――対して、挑戦者のタン・リーの印象については ?

「タン・リーもファイターの荒々しい雰囲気はありません。青年実業家のような、紳士で少し大人の雰囲気をしています。右も左もノックアウトパンチ、ノックアウトキックを持っています」

――最後に今回の試合については?

「自分の予想はマーティンの勝利です。タン・リーは距離が遠いので、自分の距離にするまでに時間がかかるかもしれませんが、チャンピオン(マーティン)はレスリングも出来るのでテイクダウンを取りにいくと予想しています」

高橋遼伍 (C)ONE Championship

7回の閲覧