検索
  • newshexagon

「ONE: REIGN OF DYNASTIES」メイン出場選手コメント

ONE Championship (以下、ONE)は、10月9日(金)に「ONE: REIGN OF DYNASTIES」をシンガポールで行うと発表した。


すでに発表しているとおり、メインイベントには、2競技でONEのベルトを持つサムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)が 、ISKA K-1 世界王者で同階級のトップコンテンダーであるジョシュ・トナー(オーストラリア)を相手にONEストロー級ムエタイ王座防衛に臨む。


コーメインイベントは、MMAで圧倒的な強さを誇るアレクシ・トイヴォネン(フィンランド)が、無敗キープをかけ、公式ランキング・フライ級5位で「Eternal MMA」と「XFL」のバンタム級王者、リース・マクラーレン(オーストラリア)と激突する。

その他、3試合は、シンガポール・ムエタイ王者のアミール・カーン(シンガポール)が、ラウル・ラジュ(インド)と対戦。

インドネシア・レスリング王者のエコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)が、ONEデビューとなるムルガン・シルブラージョ(マレーシア)と対戦。

元ONEストロー級世界王者のデジャダムロン・ソー・アミュアイシルチョーク(タイ)が2015年に CMPC ファイター・オブ・ザ・イヤーを獲得したハシガトゥ(中国)と対戦する。


■サムエー・ガイヤーンハーダオのコメント■

過去数カ月、懸命にハードトレーニングを積んできました。自分の階級のレベルが激化するのに対応すべく自分のスキルを日々、磨いています。もちろん、誰もがタイトルマッチに挑みたいはずで、そこには多くの優れた挑戦者たちがいます。前回の試合から時間が空いた分、より自分を見つめ、活力を取り戻すことができました。リングに戻り、ベルトを守る準備はできています。対戦相手のジョシュ・トナーは若く、ハングリーな選手です。彼は、ベストコンディションでこの試合に挑んでくると思うので、もちろん私も自分のベストで臨みます。ファンの皆さん、私は、タイの誇りをかけて、そして我がチームEvolve MMAのためにジョシュ・トナーを倒し、王座防衛を果たします!

■ジョシュ・トナーのコメント■

まずは、ONEの世界タイトルに挑む機会をくれたONE Championshipにお礼を伝えたいです。ムエタイで名高い選手であり、レジェンドであるサムエー・ガイヤーンハーダオと戦えることは、私にとって、とても名誉なことです。今回の試合は、間違いなく私のキャリアで最大のマッチになると思います。私がこの試合に向けて劣勢の立場にいることはわかっていますし、以前もこの様な状況でした。勝つチャンスを与えてもらえないこともありますが、私はその様な状況で、ベストパフォーマンスを発揮します。ONEのチャンピオンベルトを持ってアリーナを歩くために、自分が持つ全ての力を出し切りたいと思います。


(写真:ONE Championship)

8回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png